忍者ブログ
はね~~のポンコツダイアリー
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 どんだけ放置してるんだ、って感じですが皆様如何お過ごしでしょうか、はね~~です。

 例大祭を見事にずっこけて『夏は色々と出すぞー!』と意気込み創作に打ち込むこと2ヶ月。
 とーっても私と近い身内の(意味深)結婚式関係でドタバタしまくってたせいで、スケジュールが遅れまくってますけどね(汗)

 しかし7月末までに書くべきものを、ちょーっと列挙してみたらとんでもないことにっ!!

・夏コミの新刊 秘封本(120ページ前後)         進行度数10%(ぉ)
・〆切を後ろに回したボカロ本(150ページ前後)     進行度数25%
・第2回GA文庫新人賞(およそ200ページ、〆切5月末)進行度数50%
・小崎さんとこの月刊ナイトバグ(参加中)          進行度数85%
・中雑魚さまの所の秋姉妹合同誌(現在最優先中)    進行度数45%
 
 えーとー。軽く500ページは書かなきゃだめなのかな……これはもしかしなくても(汗)
 ちなみに現在書き終わってんのは200ページちょい。

 ジャーンジャーンジャーン
「げぇっ〆切っ!!」
「はわわ、(足)音が止まないー! うわーん……」


 なんてーかそんな感じ(リアルすぎて嫌~!)
 が、頑張れ自分ー!

 ただ、本当に久しぶりに創作が心底楽しく出来ています。
 治った今だから言えますが、 3年以上続いてた『うわーん! 1日机に向かっても3ページも進まないよー!』という、どーしようもないスランプから本当にようやく抜け出しましたんで。
 本来の目標である1日10ページ進行をようやく取り戻し、色々と書いています。
(七星剣刊行直後辺りから私の創作数が大幅に減少した最大の理由は、まさにこれだったのでした。辛かったんですよん、いやマジで。まともに速度が出たのはマリサワールドの時だけでした)

 日記もせめて『週記』程度に戻したいなとか思います。
「はね~~さん更新まだー?」(AA略)とか、知り合いの皆さんに突っつかれまくってますし(当然)
PR
えーと。TOPでも言いましたが、とりあえずこちらでも。
新年明けましておめでとうございます、はね~~です~。
マイペースながら、自分なりに頑張っていこうと思います。今年もどうぞ宜しくお願い致しますっ。
という訳で、今回の日記は冬コミのレポや大正十五年の上海アリスの詳報などを書こうと思ってたんですが。

緊急事態が発生しましたので、急遽予定を変更いたしまして別の内容をお届けいたしますっ(ニュース速報風)
次回の参加イベントは博麗神社例大祭6の予定です、というTOPの文章を私が書いていた丁度その時。
『はね~~さん、非公式ですけど例大祭の当落が出てましたよっ! ただ何だかはね~~さんの名前が……』という情報が入りました。

(あれれのれ? でも2月上旬だったんじゃあ、発表って?)

と思いつつ、東方幻想板に飛んでみるとあら不思議。いつの間にやら確かに、サークルリストのアドレスが張られてるではありませんか!(非公式なので、アドレスを張るのは差し控えますが)
そして、うちの名前を探してみた結果。

確かにうちの名前が無い(ぉ)


でもまあ、何となく想像はしてました。
何故かって、我がFeather's Snowと例大祭との相性の悪さは尋常ではありません。

第1回例大祭 ―― 一般参加(まだサークル活動してません)
第2回例大祭 ―― 落選
第3回例大祭 ―― 落選
第4回例大祭 ―― 落選
第5回例大祭 ―― 当選
第6回例大祭 ―― 落選

コミケが全部当選してる事と比較すると、もうびっくりの落選率ですよ奥さん!!w 
でも実は正直に言いまして。今度の例大祭で予定していた新刊の秘封本は、正月の半分丸々ぶっ倒れていたせいで進行状況が絶望的でした。
このままだったら、初めて新刊無しでイベント参加になるのかな……と思ってた事を考えると、落ちてて良かったとも言えます。

でも、うん、ほら。主要のSSサークルが全部当選してる中、うちだけ落ちてるってのは、流石にちょーっと凹んだかなぁとか何とか。ネット申し込みだし、書類不備とかではないはずなんですけど。
えーと。そんな訳で例大祭6ですがFeather's Snowは落ちました(涙)
会場には行きますが、身の振り方を今から考えなきゃダメなようです(汗)
ただ、とある企画で何かをやってますので、そっちの方は詳細が出せるようになりましたらお知らせします~。


「さ、寂しくなんか無いんだからね! 本当だからねっ!!」(何)


 あけましておめでとうございます、はね~~ですっ。
 まずは冬コミでうちのスペースにいらして下さった皆さん、どうもありがとうございました!
(とりあえず某Kさんには、今回泣かされた分は何かで仕返ししたいと思いますwww)

 えーとー。
 で「書き下ろしパート」はいつになったらUPされんのよ! って思った方、多数と思いますが。

 30日にとある方と呑みにいって二日酔いで帰って来た31日夕方辺りから、年明けの3日朝まで、熱出して東京のホテルで死んでました、ごめんなさい本当ごめんなさい(汗)
 とりあえず、朦朧とした意識の中で2日夜には出したつもりだったんですが、さっき見たらファイル名が『shoya01』とかになってるダメっぷり(ダブルで間違い)
 なお今回の書き下ろしパートですが、ひょっとすると近日中に追加で何か更新されるかもしれません。しないかもしれません。まあ、ほどほどの期待でお待ち下さいw

 ではごめんなさい、体調が真面目に洒落になってないんで、今日の日記はこんな感じで~。まともなレビューは後日また(HPのTOP文章修正も今日はパス……頭痛いんで……)
 今年ものっけからドジ炸裂の私ですが、どうぞ宜しくお願い致しますっ。

 えーと、お待たせしましたー。最近カウンタが回ってる理由の多くは、この情報がいつ出るか……待ってた方の物が大半だと思います(苦笑)
 まず冬コミですが、無事に当選しております。スペースですが

 西み24-b  Feather's Snow です。

 何とうちにとってはコミケ初のお誕生日席ですよ、奥さん!! 
 ……いやまあ、初参加からずっと壁という異常事態が続いてただけですが(笑)
 おかげで今回は気楽に参加できますw
 頒布物ですが、既刊として持って行ける本はSUPER MARISA WORLD小説版のみの公算が非常に高いです(それ以外の既刊は在庫ほぼゼロなのですね。すいませんー)
 そして新刊ですけれど。

【大正十五年の上海アリス】の文庫化

 になります。文庫化と言っても、ただの再録じゃありません。全体修正+書き下ろしパートが入る……はずです、多分(今のところ、何度も書いたり消したりして、難航しまくってますが)
 文庫サイズ/150P前後/価格500円 って感じになると思います。まあ、そんな事よりも皆さんを驚かせる材料はあるんですが。

表紙・挿絵は うがつまつきさん です。

 はい。あさつき堂の、怖い人です(笑)
http://asatsukidou.moryou.com/ (多くの方がご存知と思いますが、あさつき堂のHPはこちら~)

 どなたに挿絵をお願いするかで散々悩んだ末の決断ですが、ラフを見て私は思いました。自分の決断は一部の隙もなく間違いではなかった……と。
 書いた作者自身自覚してますが、作品解釈がかなり難解であり且つ描写するには精神的にきついような絵も多かったのですが、完璧に描いて下さっています。
 そんな訳で、絵は一見の価値ありですので、ぜひ興味を持たれましたらお手にとってご覧下さいー。

※なおFeather's Snowらしい挿絵もちゃんとありますので、ご安心下さいwww また、カバー裏は今回ちょこっと普段とパターンを変えました。あ、エロい意味じゃないですよ?

 ちなみに今後の参加イベント情報も。

3月8日  博麗神社例大祭6(申込済)
5月予定 THE VOC@LOiD M@STER 8
8月予定 夏コミ

 東方以外で初の本を5月に出すつもりです。題材はまだ一切非公開ですが、とりあえず某ボーカロイドの曲に心酔した為、その曲をモチーフにした二次創作です……とだけ(製作者から許可はもう取りましたw)
 ちなみに例大祭のカットはこちら~っ。
 申し込みを忘れていて、土壇場でSHOさんに描いて貰ったのは内緒です。SHOさんありがとうっ(苦笑)
 藍さま可愛いよ!!
reitaisai.gif




 皆さんは自分と親しい親類・縁者・身内・友人がある日唐突に有名人になっているというのを経験したことがあるでしょうか?
 悪いほうで新聞に載るのを除外すれば、親しい人の成功は自分にとっても非常に嬉しいことであり、心から祝福したくなるのが人情と言うものです。まぁ、基本的には……ね(ぉ)
 寝ぼけ頭で目を擦りながら起きだしてきた私は、その日もいつも通りまずは新聞に目を通したわけです。
『はいはい、北海道新聞は今日も左翼左翼……ふぁあああ……』
 とやる気無く紙面を捲っていたのですが。 
 北海道在住の方はご存知と思いますが、道新には一番最後のほうに『ひと2008』って特集コーナーがあります。北海道出身者で何らかの功績を残した人や著名人のインタビューなどが掲載されるのですが、11月28日の見出しはこうでした。

「小説すばる新人賞を受賞した  千早茜さん」

『へぇ。今年のすばる新人賞って北海道出身者が取ったのか……しかも女性か、くそぅ羨ましい。千早茜さん……へぇ。世の中には同じ名前の人もいるもんだなぁ
 半ボケ頭の目が覚めた私は紙面を読み進めるのですが……。

『初投稿で受賞だって……良いなぁ』(最初)
『登場人物が頭の中で会話することもありました……あるあるあるw』(中盤)
『江別市生まれ。へぇ自分と同じ江別生まれかぁ、って……あ……れ?』(後半)
『教員だった母親……おいちょっと待てまさか!?』(後半その2)
『小学校の4年半をザンビアで生活。大学は立命館大卒。現在29歳』(核心)

(  Д ) ゜ ゜

「どわぁあああああああああ! ああああ、茜ちゃんがすばる新人賞取ってる!?」

 さて、賢明な読者の方はなんで私がこんなに慌ててるか想像つくとおもいますが。
 私も実は北海道は江別市生まれ。5歳半まで江別におりました。
 その時、我が家のお隣だったのが『千早さん』の家。ピアノの音が良くなってました。
 そこには私より1歳年上の優しく可愛い女の子がおりました。名前は茜ちゃん。
(みどりちゃんって妹もいましたが、妹さんは当時から大変にやんちゃでして。髪を引っ張られて泣かされた思い出しかありません……私がねww)

 周囲の男の子はどうにもやんちゃで騒がしく乱暴であり、当時4歳だった私はそんな連中と遊ぶのを無視して、お隣の茜ちゃんと毎日遊んでおりました(100%実話ですw)
 無論保育園の連中は『女の子と遊んでばっかりー!』とか囃し立てられてバカにされた覚えはあるのですが、当時からゴーイングマイウェイの私。
 家の前の砂場で遊んだり、冬は雪のスベリ台作って一緒に滑ったり……うー、それ以上の記憶は流石に20年以上も前なんで大分吹っ飛んでますが。
 確か人形遊びも一緒にやった気がします。本当に男の子かよ、って感じですね(苦笑)

 まあそんな訳で。私にとって幼少時代=茜ちゃん、なのですよ(ぉ)

 父親の転勤で引越す事になり茜ちゃんと離れたくなくて泣きまくったのは、良ーっく覚えてます。もしあと5年一緒だったらゲームでよくある主人公と幼馴染って感じになったでしょう……もちろんドジ主人公としっかり者のお姉さんって感じで(笑)

 うん。まあ。何て言いますか。
 23年の時を経て、まさかよりにもよって文章界隈で名前を聞くとは思いませんでした。凄く嬉しいんですけどスゲェショックです。この気持ち……分かります? 分かんないだろうなぁ(汗)
 でも私から言うべき事はやはり一つなのです。

『茜ちゃん本当おめでとう! 自分も近い内にそっちの世界に行けるよう頑張るよ!! ……行ければいいな(マテ)』

http://syousetsu-subaru.shueisha.co.jp/shinjin/21.html
(参考URL。倍率は何と600倍以上)

追記
 恐ろしい事に、2日間の日記の内容。どっちも誇張なし、120%実話です(ぉ)



忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[07/28 sbpythqg]
[07/26 rxphyzbt]
[07/26 bgsjsjgT5389]
[07/16 kdohCxta]
[07/15 gfmeSejecv]
最新TB
プロフィール
HN:
はね~~
年齢:
36
性別:
非公開
誕生日:
1980/08/30
職業:
目下フリーターw
趣味:
小説書くこと
バーコード
ブログ内検索